すみすのYouTube
  http://www.youtube.com/user/pihyaraporon/
すみすのMusic Track
  http://musictrack.jp/user/14851

過去ブログ
ぴーひゃらぽろんPart1(最初の100曲)  http://oasobi4smith.seesaa.net/
ぴーひゃらぽろんシリーズ2 (次の100曲)  http://oasobi4smith2.seesaa.net/


休みの日は音楽家−クリスマスやすおん
2013年12月14日(日)13:00会場。。。くらい
料金:無料
会場:北区 北とぴあカナリアホール
今回、ねじれはお散歩隊さんとのコラボにてクリスマスやすおんに挑みます!

ねじれ商会のクリスマス
2013年12月23日
会場:初台 ten ten ten
Tel.03-3375-8332
クリスマスイブの前日の晩は、初台でねじれましょう。

おとなのおもちゃ箱 Vol.2
2014年1月25日
会場:岩本町 Eggman Tokyo East
Tel.03-5829-6400
再びまいたけさん、YMO(寄り集まってミニ鍵盤いぢるおじさんたち)とのライブ開催!

2011年11月13日

帰ってきた!

帰ってきたのは、ウルトラマンではなく、
うちのポチでもなく、
私のオーディオライフのこと。

実は、先日、八重洲ブックセンターの前で、
ビクターのコンパクトコンポーネントシステムEX-B1
ってのの実演をやってて。

とにかく、スピーカー含めた、一体型の
CD、DVDプレイヤー、FMラジオ付き
を私、探しておりまして、まさにどんぴしゃスペック。

うあー、欲しい。。。

でも、なんか、木目の色が赤いよなあ。。。どうしよっかなーと迷ってたら、
店のおいちゃんが
「いや、これは白熱灯の下で、赤く見えるが、蛍光灯の光の下では、ダークブラウンっす!」
って言うもんだから、
えーい!
と買ってしまった。

おまけにこれをもらって帰ってきた。ビクターだからねー。

13211852904380.jpg

なにせ、もう6年半、パソコンで音楽聴いてて、さすがに鬱憤がたまっておったの。

-----

で、昨日、ついに宅配で届きましたー。

13211853118971.jpg

私、とにかく、いろんなジャンルを聴くので、とりあえず

クラシック
ジャズ
ウクレレソロ(かどさんのCD)
ソカ、カリプソ
歌謡曲

をちこっとずつ聴いてみましたが、それなりに低音もでているし、音も、特にどのジャンルが聴きにくいとかもなく。
私としては大満足!

心配してた色も、ダークブラウンだったよ。おいちゃん!
もう、色も含めて大気に入り。

なわけで、今はとっかえひっかえ、節操なく、いろいろCDを聴いてます。

-----

そうそう、来る11月20日(日曜日)
荻窪はアルカフェにて、「荻窪音楽祭」のイベントに出演します。

なんのご縁か、ノミの心ぞうの英さんと演奏することになりました。
ウクレレ+アンデス(その他)の構成で、いろいろクラシックの小曲たちをやります。

えーと、練習を重ねるごとに、どんどんゲテ度が増しています。
聴いて。。。というより、見ていただくのがよろしいかもです。
すごいしくじりをやらかすかもですが(すいません)、そのぎりぎりな感じもおかしいかもです。
お暇あれば、ぜひお越しください。
たしか、19時半あたりからじゃーなかろか。

-----

ということで、今日は、かなりゲテにこの曲をやってみました。
いちお、前回の暴れん坊将軍からは、吉宗つながりで、しかもあやちさんからリクエストもあったし。
と演奏の理由をこじつけてみる。


大岡越前のテーマ (2011/11/12録)


あえてプリコーダー使いました。なんか使いたかったの。

途中の
シャッ!
って音、カバサがなかったから、ひたすら紙を右端からちょっとずつ破りました。

なんて姿を想像しながら聴くと、おかしいでしょ。

-----

子供心に、さばかれるなら、遠山の金さんよりも、破れ奉行よりも、大岡越前がよいなーと思っていたような。
っちゅーか、ただ、加藤剛がよかったんだろうなー。たぶんハートたち(複数ハート)


posted by すみす at 22:51| 東京 ☀| Comment(12) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おお〜〜☆ 早速リクエストにこたえてくださってありがとうございます〜!!

カバサの代わりに紙を破る音を という発想が浮かぶところが、やっぱりすみすさん只者ではありませんね〜(笑)

哀愁漂うこの曲も、すみすさんにかかれば、楽しすぎてつい吹きだしてしまいます^m^ 
Posted by あやち at 2011年11月14日 08:59
しゃっ、聞きました。紙をさばかれたわけですな。
私この曲と「七人の刑事」とどうも区別つきません。耳よくないのかな。
あと、ダークブラウンも黒に見えて。目もお悪うございます。
そして最近「便所のあと、流したか?」が不安で脳も悪くなってきたよーな。
いまんとこ仕事だけはしゃっとできるんで対外的には支障なし。
(いや、便所はあるね!)
Posted by ばばば at 2011年11月14日 09:48
あやちさん

ネタが尽きてきたので、リクエストいただけると、ほんとありがたいです。こちらこそありがとうございました。

今回、とにかくプリコーダ(スライドホイッスル)を使いたい!ってことで、勢いでやってしまいました。
あるサイトをみたら、
「子供のとき、大岡越前の主題歌が怖くて聞けなかったのでチャンネルを変えていた」
って書いてありました。

そうかあ、怖いかあ。

しゃっ!

ってのは、最初、マッチを一本一本すろうと思ったのですが、次のマッチするまでのタイミングで、火を消したりが大変そうで、火災起こすといけないからやめました。。。ちゅーか、私ってバカね。
おほほ。
Posted by すみす at 2011年11月14日 12:21
ばばばさん

はい。紙をしゃーっ、しゃーっと引きちぎっておりました。ちょうど破りたいDMがあったから、ちょうどよかったわい。

最初何をしようとしたかは、前のコメントごらんくだされ。ほんとバカだなー。

写真、画像が悪くてすまんことです。(ばばばさんの目が悪いのではなかです。)
ほら、私んち、全体的に、黒に近いブラウンなので、まあ、それにだいたいあっちょります。
でも、やっぱり少々赤いです。気にならないけど。

トイレは、最近、勝手に水流れるのがおおくて、ついつい流し忘れそうで怖いっす。便利って時に罪ねぇ。

七人の刑事。。。今、思い出しておりますが、たしかに似てるかも!
最初のG-E♭〜のフレーズ、一緒だもんねー。
あとで、七人の刑事、聞いてみよっ。
Posted by すみす at 2011年11月14日 12:28
ばばばさーん!

昼休みに調べてみたところ、七人の刑事のOPと大岡越前のOPの作曲者は、同じでござった!!!

山下毅雄さん
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B1%B1%E4%B8%8B%E6%AF%85%E9%9B%84

タイムショックとか、パネルアタック25もこの人!
キター!って感じ。

どうもありがとうござりました。
Posted by すみす at 2011年11月14日 12:38
あらっわたくしの耳も目もけっこうまともだったのね。おほほほ。
私はね、この「七人の刑事」のテーマが怖かった。
ドラマも怖くて、「都会の悪い男にだまされてにんしんごすてられる」ってストーリーがまた怖くって(なぜこんな話だけ覚えてるのか…。)都会の男こわーっっておもました。
実際にはとても親切でした都会の男。
もしかしてこどもが見てはイケナイ時間にやっていたのかもー。
Posted by ばばば at 2011年11月14日 16:29
あ、お礼を申し上げてませんでしたおほほほ。
ご調査ありがとうございました。
長年の(てか自分で調べなさいレベル)疑問が解けました。
また飲みましょう〜。ごきげんよう〜。
Posted by ばばば at 2011年11月14日 16:31
ばばばさん

七人の刑事、たしか、子どもにはちょいとショッキングみたいなこと、どっかにかいてあった。。。だから大人の時間の放送だったのかも。
私はみておらんの。キーハンターはなんとなし記憶あるけどなー。やっぱ、Gメンとか、特捜最前線だあ。
Posted by すみす at 2011年11月14日 21:30
EX-B1に反応!
これって、絶賛されてるけどなかなか入手できないって話題のやつではないですか!
ヤフオクで、一時期の「桃屋の食べるラー油」みたいに?倍以上の値がついたとの話もあったけど、未確認(^^ゞでも、それだけのムーブメントを起こすだけの品質を持ってるってことですよね。
いい買い物しましたね!

大岡越前は見てないからわかんないけど、すみすさんのバージョンが標準になりそうです(^_^;
Posted by ひろすけ at 2011年11月15日 00:11
ひろすけさん

げげっ!これ、そんな絶賛のやつなんだ!
限定10台限りにつられて、えーい!と衝動的に買ってしまったけど、ほんと、悔いなしです。小さい割に、低音がちゃんとなるし、音も柔らか目にまとまってる感じっす。

大岡越前、私のが基準っすか。いやあ、申し訳ない。
Posted by すみす at 2011年11月15日 00:25
いまごろやって来ました(汗)
いや〜、期待以上の脱力感。それでいて原曲のワビサビを感じさせるところがいいっすね。コーラスのパートも染みました。
大岡越前って記憶にある一番古い時代劇かな? この曲が大好きでした。
しかしなんと言ってもハズせないのが、越前守役の当時の加藤剛のカッコ良さ。今でも通じる男前ぶりではないでしょうか?
Posted by ありぞの at 2011年11月25日 01:58
ありぞのさん

今、原点回帰で、なるべくシンプルかつトホホ路線を求めておるところ。やっぱ、しょーもないのが好きなのだ。わたす。
加藤剛の越前は品があったねー。上さまが、かなりおばかな感じで、そのコントラストもよございました。あーあんなお奉行さまなら、裁かれたい!
Posted by すみす at 2011年11月25日 19:16
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。